ミラノデザインウィーク視察④

インサイドジール

さて、フィエラサローネの続きです。 いろんなブースがありましたが、その中でも群を抜いて印象に残ったブースが2つありました。 まず1つ目は「PRECIOSA」(プレシオサ)ブースです。 PRECIOSAは、ボヘミアクリスタルを製造するチェコで一番有名な高品質クリスタルジュエリーとオブジェを作る会社で、独自の製法と加工法によるカッティング技術、クリスタル・ガラスといった製造技術を生かし、最近ではアクセサリー製品の製造も行っているそうです。 アーチ状の隙間から覗く、ボリュームのある照明が気になって入りたくなる外観です。 ブースの中からは「キン、キン」、「カン、カン」というような、ガラスを叩いたような音が聞こえてきてより興味をそそります。 ブースの中は大きく分けて3つのエリアがありました。 1つ目はこちら。 この照明の下には台とグラスが置いてあり、そこで乾杯をすると音を立てながら照明がキラキラと点滅しました。 2つ目はこちら。 これは照明の1つに穴が空いているものがあり、そこにふーっと息をふきかけると音と共に光り輝きます。 そして3つ目がこちら。 今回の目玉だと思われる、一番多く照明がつけられたエリアでした。 回転している台の上にデフォルメされた馬のオブジェが展示され、メリーゴーランドのようですごく可愛かったです。 そしてここではハグをすると照明が音と共に光り輝く仕組みというメルヘンさ。 写真では伝わらないと思うのでぜひ動画を見てみてください。 [embed]https://youtu.be/IgjGnZAp3Kc[/embed] このブースのよかったところは、体験を通して製品の良さが伝わり、記憶に残ったところです。 そして大の大人たちがはしゃいでグラスを鳴らしたりハグしたりしていて、コミュニケーションが生まれ、この製品を通して仲良くなれそうな感じがありました。 私の上長もイタリア美女に頼んでグラスを鳴らしてもらってました。笑 言葉がわからなくても説明のいらないブースです。 実は初めは何かアクションを起こすと照明が変化するということに気がつかなくて、気づいた後はわくわくしぱなっしでした。 そして、印象に残った2つ目のブースは「SWAROVSKI」ブースです。 偶然、スワロフスキーもプレシオサと同じ業態ですね。 外観はひとつひとつ切り欠きの異なるルーバーで覆われ、出入口が1つだけの完全クローズブースでした。 一見真っ黒に見えますが、単純な黒塗りではなく少し緑がかったオイルステンを塗っているのかなと思います。 中に入るといくつもの布のレイヤーが重なったトンネルのような空間になっていて、まるで森の中に迷い込んだかのような、そんな感覚にさせてくれます。 桜の枝をモチーフにしたような照明もあり、より森の中を彷彿させてくれます。 写真が上手く撮れず白飛びしちゃっていますが、この暗い空間で見る製品がもう、それはそれは美しかったです。 ひたすら「きれい!かわいい!ほしい!」と心の中で言ってました。 光をガラスに通すと乱反射してとてもキラキラと輝いていました。 白の方が光が広がりやすいので、照明を扱うときはよく白を使うんですが、この場合は黒がすごく良いです。 シャンデリアのコーナーは植物も一緒に展示されさらにおとぎ話の中に入ったような気になります。 狙ったことなのか、そうでないのかわかりませんがルーバー状の天井から漏れた光が木漏れ日のような効果を出していました。 全体的に暗いブースですが、商談のエリアだけとても明るくなっていました。すごくゴージャスな雰囲気です。 スワロフスキーブースのよかったところは、プレシオサブースのような体験とは少し違う体験ができた点です。 製品のテーマや特性を活かし、いかに製品を良く魅せるかに重点を置き、ブースを作り込んだところに感動があり記憶に残りました。 フィエラサローネ編はこれで終了です。 次はフォーリサローネの展示について書いてきます。

ミラノデザインウィーク視察③

インサイドジール

2日目はミラノサローネ本会場のロー・フィエラへ。 まずサローネサテリテの展示を見ました。 サローネサテリテとは、35歳以下の若手デザイナーの登竜門で毎年世界中から応募があり、厳正な審査を通過した若手デザイナーが最大限のプレゼンスを発揮する場です。 ここで有名企業などの目に止まると商品化や、一緒にプロジェクトをやって製品を作る、、などチャンスが生まれる場所です。 若手デザイナーの登竜門とはいっても、さすが世界中からの応募の中を勝ち取っただけあって素敵なプロダクトが多いです。 これ欲しいな、というものがいくつかありました。 その一つがこちら。 これはスピーカーなんです。 見た目はスピーカーに見えなくて、インテリアとして置いておきたくなるような素敵な作品でした。 こちらの作者は日本人です。 他にも日本人のデザイナーがたくさん出展していました。 外国人デザイナーと比べると、日本人のデザインするものは繊細さが際立つようなものが多かったように感じます。 中には多摩美の現役学生の作品も。 ころっとした可愛らしいフォルムの照明器具です。 展示されていた写真もまた素敵でした。 世界を舞台にしている日本人の姿や世界の若手デザイナーの作品を目にすることができました。 そして、本会場へ。 ここからはちょっと業界的な視点(展示されている家具よりブース全体)での話が多くなると思います。汗 圧倒的なブース数と、木工の厚みのボリューム感だったり、使っている素材など、すごくお金をかけてるなあという印象がありました。 私たちのディスプレイ業界の展示会ブースでよく使う素材の、壁の「経師」や、床の「パンチカーペット 」はほとんどなく、本物の木材や本物の石の素材、左官のような仕上げだったり、インテリアの展示だけあって内装で使う素材を使っています。 こちらのブースの壁面はこんな素材 こちらはマジスのブース。 壁はこんな仕上げでした。化粧ビスも赤でかわいいです。 赤いスリットがアクセントになっていてこちらも可愛い。 また、日本の展示会よりも派手なブースも多いように感じます。 色の使い方も日本に比べると思い切った使い方だなあという印象でした。 また、ファブリックを使用したブースも多かったです。 ミラノサローネではメインの家具に加え、キッチン・バスと照明・オフィスの見本市が隔年で開催されます。 今年は照明の年。 照明エリアは綺麗なブースが多かったです。 光の演出の効果は大きいのだなと気付かされます。 これは製品のシャンデリアが凄すぎて、この製品をよく見せる展示に注力してます。 次回にフォーリサローネで一番よかったブース2つをご紹介します。

ミラノデザインウィーク視察②

インサイドジール

夜22時に日本を発ち、ドーハで乗り継ぎ約20時間の長旅の末ようやくミラノマルペンサ空港に到着。 空港から移動しホテルに荷物を置いたころには夕方15:30ごろ。 この日はあまり活動できないけど、さっそく街へ繰り出し街に散策へ! 石畳の道で建物も古く趣のあるすてきな街並みです。 まずはサンタマリア デッレ グラツィエ教会とドゥオーモを見に行き、最初にルイヴィトンの展示を見に行きました。 さすが人気です。 行列ができていますが、案外すぐに入れました。 中に入ると真っ青な螺旋階段。 階段を登りきり部屋に入るとエントランスが現れます。 そこには今回の展示されているインテリアのカードが並べられていて、自由に持ち帰ることができました。 紙は厚みがしっかりあり、これだけでも嬉しい。 さらに奥に進んでいくと、エントランスでも見た有機的でビビットな家具たちが展示されていました。 クラシックな既存の建物の中に南国の植物のようなカラフルで個性の強い展示がしてあります。 それだけだとお互いケンカしそうですが、照明の演出の効果なのか、全く気にならないのです。 建物に負けない展示です。 続いて次の部屋に入ると、こちらは別世界。 入った瞬間に、思わずわあっと声が漏れました。 いくつもの照明が吊ってあり、それはそれは美しかったです。 写真で伝わりきらないのが残念。。 室内の壁に鏡もあるのでより奥行きが出ていました。 オブジェ・ノマド・コレクションの展示がされています。 ※「オブジェ・ノマド」インテリアコレクションは、著名なデザイナーたちが、ルイ・ヴィトンの歴史あるバッグのデザインからインスパイアして家具や照明器具をデザインするというコレクション。日本人だとnendoと吉岡徳仁が照明や椅子をデザインしています。 私はこの貝殻のようなソファがお気に入りです。 座りたい。 「Bomboca Sofa」 フェルナンド&ウンベルト・カンパーナ 他の個室ではその家具に合わせた演出で展示がされていました。 家具の形状のゆらめきと青い光のゆらめきが相まって綺麗です。 こちらの部屋では三角形の鏡の反射が空間に使われ可愛かった。 もちろん鏡も家具もコレクションの一部です。 家具も三角形のあるものをチョイスして合わせたのかな? ルイヴィトンだけでも見応えのある展示で、1日目は時間が少なかったですが充実した気持ちになれました。

ミラノデザインウィーク視察①

インサイドジール

4/9(火)〜14(日)まで行われていたミラノサローネの視察に3名で行ってきました! 3泊5日の弾丸の旅です。 ここでは何回かに分けて今年のミラノサローネの様子を紹介していきたいと思います。 デザインをしている人、好きな人なら聞いたことがあると思いますが、そもそも「ミラノサローネ」ってなに??ということから簡単に説明したいと思います。 日本では「ミラノサローネ」の通称を使うことが多いですが、正しくは「ミラノサローネ国際家具見本市」といいます。 世界の最新作の家具が集まるお披露目の場です。 1961年に第一回が開催され、長い歴史のあるもので、今や家具だけではなく、家電、IT、ファッション業界など世界のトレンドとして影響を与えるようになっています。 ミラノサローネの中でも、ローフィエラという展示会場で行われるものが「I SALONI(イサローニ)」、街中で行われる「FUORI SALONE(フォーリサローネ)」があります。 この期間はミラノデザインウィークと呼ばれ、ミラノがお祭りのように活気づくのです。 ローフィエラは日本でいう東京ビッグサイト。 でも規模はビッグサイトの約2倍の広い会場なのです! (ローフィエラ:約21万㎡、ビッグサイト:約9.5㎡) なので1日で周るのはとてもハード。 1日では見きれません。 フォーリサローネは、トルトーナ地区、ブレラ地区などあちこちにちらばって既存の建物や倉庫の中で展示をしています。 インスタレーションなど体験型の展示が多いです。 こちらも1日で周るのはとても無理。 2日でも見きれません。。 さて、規模の大きさは伝わったでしょうか。 次回からは展示内容について紹介していきます!

TOKYO GAME SHOW 2018 Cyber Agent Group Booth

インサイドジール

ブースの成功をただひたすらに追い求め、各社の役割を超えて前のめりに取り組んだ。 受注までのストーリー ZEALのクリエイティブを高く評価して頂いたお客様から、今回のクライアント様をご紹介頂きました。 それが本案件の始まりです。 「とにかくぶっ飛んだブースデザインを!」この熱いクライアントのお題に対して、ZEALらしく期待を上回るプランを、 営業始め社内各部門がワンチームになり必死に考え抜きました。 東京ゲームショウは、サイバーエージェントグループ3社の合同出展ブースで、 1ブースの空間に各社の要望をバランス良く叶えていく必要がありました。 3社様ともご要望のハードルは高く、各ゲームタイトルの世界観を丁寧に理解し、そして空間に最大限表現できるようにする事が大きなポイントでした。 ただの”展示会屋さん”ではなく、高品質なクリエイティブを発信できる企業だと伝えたい。 クライアントを恋人だと思え ご提出する1枚1枚の図面や各種書類などはもちろんのこと、 先方とのやりとりまで細かく気を配りました。 「クライアントを恋人だと思え」(注:弊社「情熱主義」No.11)という言葉通り、まさに女性を口説く時のスタンスです。 喜んでもらうためにできることは全てやりたい、お客様の驚いた顔を見たい という気持ちを持って取り組みました。 その想いが実って受注の連絡を頂いた時は、本当に本当に嬉しかったです。 有名企業様の販促活動に関わっていくことの責任感を改めて感じ、 そして私自身も更に成長できるよう、納品するブースだけを考えるのではなく、日頃のやりとりも含めて最高のサービスをご提供したい!と、意気込みました。 提案以上の実物をつくるために安全性とクオリティの両立 ご要望の通り、まさに「ぶっ飛んだブースプラン」をご提案させて頂いたことは、まさに私達にとっては大きな挑戦でした。 ブースの目玉のひとつにバンジートランポリンがあったのですが、 レギュレーション(注:造作の高さの制限など展示会ごとに決められた装飾ルール)と、その後のご要望に収まる最適なものを探す為に、それを所有する日本のほぼ全ての会社に問い合わせし検証を行いました。 最終的に沖縄県にある備品会社の製品の中に、我々が追い求めていた理想のバンジートランポリンがありました。 1つ1つがドラマでした。 展示会には不特定多数の来場者が訪れます。その全ての行動を想像し、安全性を確保するために事務局と度重なる協議を行いました。ブース内でも他ゲームタイトルとのバランスを考慮し、サイン計画や色合い、証明計画など全体のトーンの調整を図りました。 今回ZEALはブースの企画・デザイン設計・施工をお任せいただきました。 ステージに関わる運営や進行などブースで発生することの全てを自分ごととして捉えて取り組み、GOAL=イベントの成功を全員で目指して、立ちはだかるハードルの一つ一つの最適解を、関係各所とうまく連携しながら出していきました。 その結果、クライアント様、運営、進行、テクニカルを担当した企業様と、 最高のチームが出来上がったと思います。 その中にZEALが加われた事は誇りに思います。 この案件を担当して 何度裏どりを重ねても、リアルな仕事には色んな事が起きます。 ギリギリまで良いものを詰めていく中に苦労もありましたが、得られた喜びもひとしおでした。 ものつくりを進めていく中で、プロとしてご要望と、それが叶う製作工程管理は重要で、 「何処かで物事に線を引くのは大切なことである」と思っています。 最終的な目的を達成するためには、たまにはその線をまたぐ、 限界と思っていた事に挑戦することも、大切だと改めて学びました。 同じベクトルに向かっている人たちと協力していいものを作り上げるという姿勢をもつこと、 周囲の人たちみんなを同じモチベーションにもっていくこと、 そして良い体験を作るための環境作りをする事、 これを今後も意識するように心がけています。

TOKYO GAME SHOW 2017 KONAMI Booth

インサイドジール

受注の決め手となったのは、クライアントに対する強い想いと“愛” 受注までのストーリー あるご縁をきっかけとして、その年の3月に内装案件を担当させていただきました。それがコナミ様との出会いでした。 無事にその納品を終えたのち、展示会などの販促活動も是非提案させてほしいというアプローチを開始しました。 テレビ局主催の屋外大型イベントで、美術造作のプロデュースを長年担当してきたZEALには、 BtoCイベントのノウハウが沢山蓄積しています。 私たちの信念は、かっこいいデザイン、ただ目立つ造作、といったブースの見た目よりも、 来場者の皆様にその空間でどのような体験、驚きを提供するか、 どのような想いを持ち帰ってもらうか、というExperience Designに重きをおいています。 そのZEALの強みを是非活かしたいという強い想いが通じ、東京ゲームショウのコンペにお声がけいただきました。 クライアントの要望をカタチに ステージにesportsを取り入れたい、各ゲームタイトルごとの世界観を存分に表現したい、などの御要望に対し、営業担当、クリエイティブディレクター、デザイナー、映像ディレクター 総勢7名のチームでプランに取り掛かりました。 コンペ提案の準備は、まず展示される製品についての猛烈な勉強から始まります。実際にプレイしたり、ファンの意見を集めたりして製品知識を深めていき、最終的に、製品に対する強い気持ち=愛がたくさん詰まったプランが出来上がりました。 インパクトのあるプレゼンテーションで心を掴む またZEALの強みは、豊富なノウハウ、表現力の他に、コストパフォーマンスの良さも挙げられます。 コンペの競合相手には広告代理店も名を連ねていた中、予算の全てをクライアントの為に使える直接取引の利点を活かし、 ブース造作やステージ演出のボリュームを最大限に引き出しました。その圧倒的なボリュームを臨場感たっぷりに伝える為、 ご提案の際はブースの外観、内観をより深くご理解いただくためウォークスルーのCGムービーを構成し、 実際にこのプランが出来上がったらどうなるか、来場者の目線になって1つずつ想像していただくことができました。 納品まで ブースで展示するゲームタイトルは多岐に渡っており、各コーナーの造作と、ステージで行うプログラムとで、 それらの世界観をそれぞれ表現する必要があるため、図面や進行台本は膨大な数となりました。 全体の責任者としてプロジェクト管理を行なっていましたが、なかなか一筋縄でいかないこともあり、やりがいも苦労もありました。 やりたいことが多いということは、関わる協力会社の数も多いということ。 その各社と緻密な連携をとって段取りを組み、チーム一丸となって現場に臨みました。 出来上がったブースを見たクライアントからは、「今までは、実際に出来上がったブースが想像以下で残念に感じることがよくあったけど、 ZEALのブースは提案してもらっていたCGパースの通りで、クオリティが高いね!」と嬉しいお言葉を頂きました。 準備期間だけでなく、施工現場、ステージリハーサル、会期中、と苦労やハードルは少なくありませんでした。ただ、東京ゲームショウの中で圧倒的な存在感を放つKONAMIブースを「絶対に成功させるんだ」というチーム全員の熱い想いで、各自の任務を全うし、無事に会期を終えることができました。 提案以上の実物をつくるために この案件をきっかけに良好な関係が続き、その後多くの案件をお任せいただいています。 翌年の東京ゲームショウも、ゲームタイトルへの理解とKONAMIブースへの愛が 他を圧倒したということで、見事連続受注を勝ち取りました。 クライアントとワンチームになり、これからも最高の空間を創り上げていきたいと思います。