EXHIBITION

第11回 国際物流総合展 親和パッケージブース

2014

  • デザイン
  • 施工
  • 運営
  • 演出
  • 映像
  • グラフィック

課題

製品機能の訴求に、従来まではパネルを使用していたがもっと来場者にわかりやすく伝え、製品メリットを理解してもらいたい。 また今回、国際物流総合展に初出展のため存在感を与えたい。

解決策/結果

輸送時に使われる製品の使用シーンをブース造作全体で表現し、何に使われるかをイメージさせ製品認知につなげた。 情報過多なパネルは排除し、要点だけをわかりやすいイラストで構成しで来場者に伝えた。